難しいことを簡単に説明することは可能か?

かつて、同僚や後輩に向かって「コンサルティングは、難しいことを簡単に、簡単なことを難しく話すという、実に簡単なお仕事。」と、よく放言しておりました(汗

「優秀な人は難しいことを、簡単に説明できる。」などと言う方もおります。私見では、これは半分正しく、半分は嘘かと思います。

難しいことの本質をよく理解した上で、可能な限り不正確にならないようにしながら、簡単に説明にできる、という説明者は確かに優秀なのでしょう。ただ、簡単にすると、情報量は間違いなく少なくなり、不正確になることは避けられない。

説明者と被説明者(情報の受け手)の能力のギャップが大きければ、受け手が判るように簡単化する程度(=削ぎ落とす情報量)も大きくなります。それで、本当に「説明」したことになるのか、というのが問題な訳です。

少し悪い言い方をすると、「説明した」というより、「言い包めた」とか「煙に巻いた」というのが、より真実に近い場合も…。また、受け手もそれを望んでいたりして(闇
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

スポンサーリンク

最近のトラックバック
最近のコメント
検索フォーム
ユーザータグ

IFRS 簡単図解 

楽天トラベル
amazonからのお薦め

FC2カウンター
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
リンク
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
RSSフィード
プロフィール

xz400

Author:xz400
「生涯一コンサルタント」として、ダウンシフトしながら、人生晩年を迷走中です。

Firefox
Firefox ブラウザ無料ダウンロード