領収書のコピー?

昨日、聴講した不正対策の講演のQ&Aコーナーで、「領収書が原本でなければならない根拠を教えてほしい」と質問した人がいて、いろいろな意味でびっくり。

どうも質問者の会社では、領収書の原本ではなくコピーを提出してくる人がいてそれを容認しているようなのです。印鑑が押してない単なるプリントアウトだとか、レシートだとか、スキャンじゃダメかとか、そういうのではないのです。コピー。

まず、原本ではないコピーに証拠力はまったく無いでしょう。そして、根拠は法人税法の帳簿書類の保存義務ではいけないのでしょうか。
更に、なぜ原本が無くコピーだけが存在するのか、また、そもそも領収書をコピーするという行為自体も不思議。不正をおこなうため以外の理由が思いつかない…とか、いろいろモヤモヤする質問でした。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

スポンサーリンク

最近のトラックバック
最近のコメント
検索フォーム
ユーザータグ

IFRS 簡単図解 

楽天トラベル
amazonからのお薦め

FC2カウンター
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
リンク
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
RSSフィード
プロフィール

xz400

Author:xz400
「生涯一コンサルタント」として、ダウンシフトしながら、人生晩年を迷走中です。

Firefox
Firefox ブラウザ無料ダウンロード