講演会「企業の不正対策の制度設計と不正対応活動のポイント」備忘録

日本証券アナリスト協会の講演会「企業の不正対策の制度設計と不正対応活動のポイント」を聴講しました。講師は、公認会計士・公認内部監査人でボルボ監査役でもある藤井範彰氏。

金融機関等の一部業態を除き、不正対策の制度や活動に力を割いている企業はほとんどないでしょう。(金融機関はオペレーショナルリスクの一部として対応)

キーワードやポイント等をメモとして少々。

-ポテトチップ不正理論、低く垂れたフルーツの不正理論
-経営者の姿勢(Tone at the Top)とは、組織のリーダーにより醸し出される職場の倫理的(もしくは非倫理的)気風。
-Blame culture
-ガバナンス構造:日本型(監査役設置型)は実効性に問題。
-コントロール:ない、運用されない、無効化(override)、迂回
-不正対策:予防(Prevention)、発見・摘発(Detection)、抑制(Deterrence)
-不正リスク対応:不正リスク評価、不正監査、不正調査
-不正対策制度(ハード)整備と不正対策活動(ソフト)の両面が大切。
-不正リスク評価のステップ:要因特定→潜在的不正スキームを特定、優先順位付け→既存コントロールと潜在的不正スキームを関連付けしギャップを特定→記録・報告
-不正のレッドフラグ
-不正(fraud)は詐欺、隠匿または背任の性格を有する不法行為のすべて(IIA)。資産の不正流用、財務諸表不正、汚職(ACFE)。
-似て非なる不正監査と不正調査。
-内部監査には限界。通報制度が有効。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

スポンサーリンク

最近のトラックバック
最近のコメント
検索フォーム
ユーザータグ

IFRS 簡単図解 

楽天トラベル
amazonからのお薦め

FC2カウンター
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
リンク
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
RSSフィード
プロフィール

xz400

Author:xz400
「生涯一コンサルタント」として、ダウンシフトしながら、人生晩年を迷走中です。

Firefox
Firefox ブラウザ無料ダウンロード