仏テロ事件に伴う雑感

フランスのパリで発生したテロ事件に関連して、いろいろなコメントがあった中で、ちょっと違和感の強かった件に関する雑感を備忘録として。

1. 「日本のマスコミ、特にTVは仏テロ事件にまったく力を入れた報道をしない。」というコメントに対して。

なんか、何にでも文句をつけるタイプの方々が、言ってましたね。これ。赤い金髪とか。

TVの視聴者というマーケットを考えれば、別に驚くことでもありません。現在でも日本のTV局を主たる情報源としている人は、おおむねそういう方々のはず。フランスに行くことも生涯に何度あるか、という人が、いかに大事件であれ、遥か遠い欧州の西端で起きたことに大した興味があるはずないです。「パリは怖いねぇ」ぐらいのものでしょう(←偏見)。TV局にとって、バリューがありません。

あとテロの場合は、発生直後では強い取材規制下にもあり映像がほとんどないという、より現実的な理由もあるでしょう。TVは絵になるものがないと、まったく弱いのです。

2. 「仏政府は新聞社「シャルリー・エプド」へのテロ事件の後、テロ対策を強化してきた。それなのにテロが起きたから従来型のテロ対策は効果がない。」という趣旨のコメントに対して。

仏政府のテロ対策の評価は判りません。ただ、当たり前ですが、テロをすべて未然に防ぐことは不可能です。なので、この見解が言葉通りのものだとすると、非常に短絡的&非現実的だと思います。

テロは、実行側が時間と場所を自由に選択でき、圧倒的に有利なゲームです。なので、テロの発生は一定確率でほぼ不可避。特に、政府機関や軍など以外の、いわゆるソフトターゲットは、そもそも、ほとんど守りようがありません。例えば、別にテロ組織でなくても、ある程度の武力さえ入手できれば、容易に暴れられる訳でして。銃が容易に入手できる某国では、頻繁に乱射事件が起きますよね。

また、テロ発生が、単純に実行側の勝ち(ポイント)になるかどうかという別の問題もあり。今後の、仏政府や諸国の打ち手が大事になると思います。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

スポンサーリンク

最近のトラックバック
最近のコメント
検索フォーム
ユーザータグ

IFRS 簡単図解 

楽天トラベル
amazonからのお薦め

FC2カウンター
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
リンク
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
RSSフィード
プロフィール

xz400

Author:xz400
「生涯一コンサルタント」として、ダウンシフトしながら、人生晩年を迷走中です。

Firefox
Firefox ブラウザ無料ダウンロード