成功事例と失敗事例から学ぶ

過去の事例やケースからの学びについて。

業務プロセスや仕組みなどは、成功事例、ベストプラクティス等から、学べることが非常に多いです。トランスファー(Transfer)やベンチマーキング(Benchmarking)が有効に機能しやすい。

それに対して、戦略やマーケティングについては、成功事例だけでなく、失敗事例からも学ぶのが上策です。
「勝ちに不思議の勝ちあり、負けに不思議の負けなし」という奴でして。戦略の成功事例やケースと言われるものを学んでも、そのほとんどは、運やタイミング、経営環境又は経営者等の個別の超絶した能力、スキルなどに依存しています。「なるほど」とは思っても、実践が困難なケースが実は多いのです。「MBA戦略ケースブック」みたいな表題の本(←こんなのがあるかどうか知らないですが)を読んでも、自社の戦略の参考になるかと言うと…。

あと、戦略の基本は競争なので、すでに成功している企業と同じことをしては、そもそもダメな訳です。成功事例はもちろん分析しますが、失敗事例も研究し、その後追いをしないように努めながら、独自の戦略を練ると。

なお、成功事例や失敗事例を元にしながら、環境要因や特殊要因を排除し、概念化、抽象化された戦略定石というのもいろいろあり、これらからも学べますね。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

スポンサーリンク

最近のトラックバック
最近のコメント
検索フォーム
ユーザータグ

IFRS 簡単図解 

楽天トラベル
amazonからのお薦め

FC2カウンター
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
リンク
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
RSSフィード
プロフィール

xz400

Author:xz400
「生涯一コンサルタント」として、ダウンシフトしながら、人生晩年を迷走中です。

Firefox
Firefox ブラウザ無料ダウンロード