ABC(活動基準原価計算)

<業務プロセスシリーズ>

業務プロセスに関する経営ツールの続き。

ABC(Activity Based Costing、アクティビティ・ペースト、コスティング、活動基準原価計算)とは、費用(コスト)を中くらいの業務の括りであるアクティビティ(活動)単位に一度集計し、その後に製品やサービス等に配分する原価計算の手法。
主に、(費用から製品等に直課するのが困難な)間接費の適正な配分に効果を発揮します。

費用からアクティビティに配分する基準をリソース・ドライバー、アクティビティから製品等のコスト・オブジェクトへの基準をコスト・ドライバー(又はアクティビティ・ドライバー)と呼びます。
ABCの原価配分イメージ

業務プロセス(アクティビティ)を噛ませて多段階にしたのがポイントで、反面、それが原因で判りにくくなり、また結局は「ドライバー次第」ということもあり…、死語になりつつあるのかなと。導入が大変なだけでなく、メンテナンスにも相応の手間がかかるというのも事実。

なので、ABCを導入し、常時利用するかどうかは別ですが、このような原価把握の方法を知ることは非常に重要です。
現在は中小企業でも、コスト構造の大きく異なる複数の事業や製品を持つことが多いので、戦略的意思決定の際にはABCの観点からも検討することをお薦めします。既往主力製品と新製品とか、販路のネットとリアルとか。特に、コスト構造自体が大きく変化している場合には、それまでの経験知とは大きく反したコストになっているケースが多々ありますので要注意です。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

スポンサーリンク

最近のトラックバック
最近のコメント
検索フォーム
ユーザータグ

仮想通貨 IFRS 簡単図解 

楽天トラベル
amazonからのお薦め

FC2カウンター
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
リンク
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
RSSフィード
プロフィール

xz400

Author:xz400
「生涯一コンサルタント」として、ダウンシフトしながら、人生晩年を迷走中です。

Firefox
Firefox ブラウザ無料ダウンロード