規程、マニュアル等の作成

<規定、マニュアルシリーズ>
前回は規程、マニュアル等の対象分野についてでしたが、今回はそれらの作成について。
(以下、規程、マニュアル、手順書の全体を「規程類」と呼びます。)

規程類の作成手順は、新たに作成する場合は以下のようになります。
規程類作成既新分野

ただ、すでに何らかの規程類が作成されている分野も多いでしょう。その場合は、
規程類作成既往分野

という感じになります。
フロー上は、「現行規程類の確認」というステップが入り、次のステップに「修正」が加わったっただけですが、場合によっては対比作業が膨大になることもあります。

また、現行業務を新たな業務に変えた上で規程類を作成する場合は、
規程類作成既往分野業務改革等

と、更に1ステップ増えて複雑に。
コンサルタントが業務改革・改善や新たな業務の要件定義をおこなう場合は、このケースになります。規程類に修正が加わり、また我々が作成した要件定義書等の成果物が規程類に組み込まれることもあります。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

スポンサーリンク

最近のトラックバック
最近のコメント
検索フォーム
ユーザータグ

IFRS 簡単図解 

楽天トラベル
amazonからのお薦め

FC2カウンター
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
リンク
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
RSSフィード
プロフィール

xz400

Author:xz400
「生涯一コンサルタント」として、ダウンシフトしながら、人生晩年を迷走中です。

Firefox
Firefox ブラウザ無料ダウンロード