マイナンバーを受け取り拒否できる?

あるサイトで「マイナンバーを受け取り拒否できるか?」という設問&議論を拝見しました。いくつか疑問が湧いたので、それらについて少々書いておきます。
(以前のマイナンバーに関するエントリはこれこれなど)

まず、論点のひとつ目は、マイナンバーを「受け取り拒否」できるか?です。行政から送付されるのは、マイナンバーの通知カードです。送付は簡易書留によるそうなので、これを受け取り拒否することは、(たぶん)可能ではあります。但しこれは、マイナンバーうんぬんではなく、郵便物自体の受け取り拒否ですね。

ふたつ目は、マイナンバーを受け取り拒否しようとする目的です。理由が思い当たらないのですが、もしかしたら「受け取りを拒否すれば、マイナンバーは付与されない、政府や行政に悪用されないはず」等と思っているのかもしれません。
マイナンバーは住民票のある、すべての方に対して、指定(付与)されます。というか、2015.10.5現在で住民票のあった方には、もう付与されています。つまり、通知カードを受け取るかどうかは、マイナンバーを付与されるかどうか、とは関係ありません。
なお、あくまで住民票の有無が基準なので、日本人(日本国籍)かどうか、は関係ありません。日本人でも長期に海外赴任中の方のような場合は付与されませんし、外国籍でも住民票があれば付与されます。

どうも、マイナンバーそのものと、10月下旬から送付されるマイナンバーの通知カード、そして2016年1月以降に交付可能となる個人番号カードの3つが、混同されているようにも思います。

1. マイナンバー(個人番号) : 市町村長が住民票をもとに指定する12桁の番号。(必須)

2. 通知カード : 個人番号、住所、氏名、生年月日、性別、発行日の記載された紙製カード。(必須)

3. 個人番号カード : 個人番号、住所、氏名、生年月日、性別、有効期限の記載されたプラスチック製ICカード。(任意)


10月以降に送付されるのは通知カードで、たとえ受け取り拒否してもマイナンバー自体はすでに付けられている。個人番号カード(ICカード)は任意なので2016年1月以降に申請した方に対して交付される、ということかと。

[参考]
■マイナンバー 社会保障・税番号制度
http://www.cas.go.jp/jp/seisaku/bangoseido/

■個人番号カード 総合サイト
https://www.kojinbango-card.go.jp/
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

スポンサーリンク

最近のトラックバック
最近のコメント
検索フォーム
ユーザータグ

IFRS 簡単図解 

楽天トラベル
amazonからのお薦め

FC2カウンター
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
リンク
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
RSSフィード
プロフィール

xz400

Author:xz400
「生涯一コンサルタント」として、ダウンシフトしながら、人生晩年を迷走中です。

Firefox
Firefox ブラウザ無料ダウンロード