経営にとって大切なのは管理会計

会計(Accounting)は、その意義により財務会計、税務会計、管理会計に細分化されます。

財務会計(Financial Accounting)
税務会計(Tax Accounting)
管理会計(Management Accounting)


一般的には、会計≒財務会計といった理解で、税務会計もお判りだと思いますが、管理会計という言葉にはなじみの無い方も多いでしょう。ただ、企業経営にとって本当に大切なのは、最後の管理会計です。

財務会計は、財務諸表を作成して投資家等の外部に報告するための会計。財務報告(Financial Reporting)会計、外部報告会計とも。つまり、企業の部外者のための会計です。本邦では公認会計士と税理士(中小企業向け等)の担当。

税務会計は、法人税等の税金を支払う(又は支払わない)ための会計。これは国や役所向けですね。ここは税理士の独壇場。

それに対して、管理会計は、経営者が自社の経営を管理するための会計です。内部報告会計と呼び、経営管理(Business Administration)ともほぼ同義で、これは主に経営コンサルタントの範疇(断言)。
財務会計や税務のルールとは関係無く、自社の経営を管理するために必要な金銭的計量的な記録のすべて。お金や経理と直接関係ないものも含みます。

具体的には、部門別・商品・顧客別売上や利益等のセグメント会計、工場・設備の稼働や不良率、投資計画と実績、更にはBSCや業績管理、リスク計量化等々まで含む。別に、これらすべてが必要なのではなく、自社で必要なものを選択して実装するイメージです。

会計士や税理士の方の書かれた会計本で、よく会計や経理の重要性が説かれており、それにはまったく同意なのですが、財務会計や税務会計のみ念頭に置き管理会計という概念がほとんど出てこないようで、かなりモヤモヤするんですよね。まあ、3つが重なり合う部分も多いですし、また自分たちの独占業務の土俵に引き込みたい立場というのは、よく理解できるのですが(笑)

財務会計や税務会計が重要ではない、と言うつもりはありません。投資家サイドで財務諸表を利用していた期間も長くその重要性は熟知しております(だから粉飾は大嫌い)し、税務会計をおろそかにすればそれこそ経営上、重大問題にも成り得ます。ただ、これらはルールを守り手続的な正確さがあればよいもの。あまりこだわり過ぎることなく、会計士や税理士のような専門家の手を借り、合理的に低コストで処理することが肝要かと。

ただ~し、管理会計は違います。経営を管理(要するに「監視し・可視化する」)ための会計、いわば経営そのものであり、(良い意味で)こだわることが重要です。

なお、実際の仕組みを構築する場合には、当然ながら財務会計、税務会計のデータが元になったり、相互に影響したりします。3つの制度の整合性を取りながら、かつ無駄の少ないトータル・コストの安価な仕組みを作る必要がありますが、管理会計をより上位に置いて全体を検討することが重要です。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

スポンサーリンク

最近のトラックバック
最近のコメント
検索フォーム
ユーザータグ

IFRS 簡単図解 

楽天トラベル
amazonからのお薦め

FC2カウンター
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
リンク
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
RSSフィード
プロフィール

xz400

Author:xz400
「生涯一コンサルタント」として、ダウンシフトしながら、人生晩年を迷走中です。

Firefox
Firefox ブラウザ無料ダウンロード