トーマツCEO辞任の理由が哀しい

先週日経が、有限責任監査法人トーマツのCEOさんが監査企業と「社内規定に違反するやり取りがあった」ため辞任、と報道しました。
(トーマツのリリースでは「一身上の都合」)

「やり取り」というのも、ずいぶん妙な表現だな、いったい、どんな極悪非道を働いたのだろうかとワクワクして待っていたところ、続報があり、

三菱東京UFJ銀行の預金残高が1千万円を超えている時期があった
(日本経済新聞 電子版 2015.8.4)

とのこと。これが米国SECの定める監査人の独立性ルールに違反するようです。
つまり、預金が日経の言う「やり取り」。

ルールを存じませんし、また「超えている」というだけで正確な金額は判らないのでコメントしづらいですが、これが1千万円を少し超えたくらいだとすると、非常にもの哀しい話です。

大手監査法人のトップでご老人長いキャリアなんですから、数億円の金融資産を有していても、まったく不思議ではありません。各行1千万円が上限だとすると、1億円あったら10行に分けるのか?5億円なら、50行?
都銀13行、長信銀3行、信託銀行6行、合わせて20行以上あった時代ならともかく、今はメガは3行しかなく、無理に、りそにゃまで入れても5行。老人には選択肢がない(地方銀行やネット銀行等は論外)訳で、分散するにも限度がありますからねぇ。

というより、長年、地道に監査をやってきて、監査法人のトップに登りつめて、それで1千万円超の預金がメガバンクにない方がいたら、むしろ大いに不安。いったい、カネを何に使い、何をやってきたのか。本当にこのヒトは大丈夫なのかと、管理人なら思ってしまいます。はい。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

スポンサーリンク

最近のトラックバック
最近のコメント
検索フォーム
ユーザータグ

IFRS 簡単図解 

楽天トラベル
amazonからのお薦め

FC2カウンター
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
リンク
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
RSSフィード
プロフィール

xz400

Author:xz400
「生涯一コンサルタント」として、ダウンシフトしながら、人生晩年を迷走中です。

Firefox
Firefox ブラウザ無料ダウンロード