XXなひと100人の特性だけ調べてもダメ

書店で「XXなひとはYYである!」というような表題の本をよく見かけます。

XXには「お金持ち」とか「一流の人」とかが入り、典型的には、XXなひと200人に共通する特性(「YYなサイフを持ってる」とか「YYを習慣にしている」など)をまとめた内容になっています。
こういうのは一見正しく思えるようですが、論理的にはいろいろ問題があります。先週も、このたぐいの本の書評をうっかり見てしまいました(静かに閉じましたが)。

相関と因果関係の違いについては、今回は取りあえずおいて置くとして。
あるYYという共通の特性(赤い財布を使ってるとか)を主張するならばXX(お金持ち)なひとだけ調査するのではダメで、XX以外の他のひとたち(お金持ち以外)にはその特性がないことの確認が最低限必要です。もしかしたら、XXな人を含め全員にYYという特性?があるかもしれず、その場合XXとYYの関係は無意味な訳でして。

データ分析することを考えれば、こういうことは当たり前とすぐ判るはずですが、「XXなひとは~」的な本の場合、そういう最低限の手順を踏んでいないケースも多いように思います。それらは、占いや迷信と同様か、または単に著者の嗜好を示しているに過ぎないものです。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

スポンサーリンク

最近のトラックバック
最近のコメント
検索フォーム
ユーザータグ

IFRS 簡単図解 

楽天トラベル
amazonからのお薦め

FC2カウンター
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
リンク
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
RSSフィード
プロフィール

xz400

Author:xz400
「生涯一コンサルタント」として、ダウンシフトしながら、人生晩年を迷走中です。

Firefox
Firefox ブラウザ無料ダウンロード