チキンラーメンで生玉子を固めることについに成功

人生で何度目かの、チキンラーメンブームが来ておりまして。



チキンラーメンで問題となるのが、トッピングの生玉子をどうやって固めるか。つまり、いわゆるチキラー玉子問題でございます。
これまで何百回となく、生玉子を固めることに失敗してまいりました。管理人の好みとして、黄身は生でもよいのですが白身を固めたいのですね。黄身半熟、白身固いが理想(だから真逆の状態である温玉は苦手)。

Web上の情報も取り入れ、いろいろと試してきたつもりな訳ですが、これまでは一度として上手くいきませんでした。
ところが、やっと、今回、成功しましたので、とりあえずのご報告でございます。

成功の決め手になったのは、大袋(5個入りの外装)の側面に書かれていた「たまごをきれいにかためる豆知識」。特に、その3とその4の内容でした。

その3
細口のやかんを使う
少しずつゆっくりそそごう
(引用)

イラストにはコーヒーポットのような細口のが描かれています。(コーヒーの場合のように入れ替えるのは温度が下がるのでNGでしょうが)そういえば、いままで、勢いよく、一気にお湯を注いでいた気がする…

その4
黄身と白身の間を中心にゆっくりまわしかける
白身がきれいにかたまるよ!
(引用)

白身に当てるように、ゆっくりかけるのが重要なのか。

これらを意識してやったところ、袋の写真と同じ、とまではいかないものの、近い感じまで玉子を固めることに成功しました。実にうれしい。充実感。

これまでは、お湯を注いで1分待つことから、その間に玉子が固まる、と勝手に思っていたような気がします。丼に注いだ後の湯で、白身を完全に固められる温度80度を保つのはかなり難しいことは認識すべきでした。そうではなくて、お湯を注いだその時に、すでに9割方勝負は決していた訳ですね。

そういえば、日本蕎麦屋の月見そばで、白身を少し固めるむら雲(群雲、村雲)そばでも、そんな技法を使う場合があると聞いたこともあるような。

■日清食品 チキンラーメン
http://www.chikinramen.jp/

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

スポンサーリンク

最近のトラックバック
最近のコメント
検索フォーム
ユーザータグ

IFRS 簡単図解 

楽天トラベル
amazonからのお薦め

FC2カウンター
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
リンク
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
RSSフィード
プロフィール

xz400

Author:xz400
「生涯一コンサルタント」として、ダウンシフトしながら、人生晩年を迷走中です。

Firefox
Firefox ブラウザ無料ダウンロード