スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Gmailのメール送信取り消し機能が標準実装に

Gmailに送信してしまったメールを取り消しできる機能が、標準として実装されたとのこと。

取り消しできる時間は送信後5~30秒(!)ですが、送信直後に表記ミス、添付ファイル忘れなどに気付くことはよくあること。このような場合、直ぐにメールを取り消すことが可能です。この機能は、これまでも「Labs」のひとつとして試験的に利用できましたが、一般的な機能に格上げされたということでしょうか。

デフォルトでは、この機能はオフになっているようなので、以下の手順で設定しました。

1. 右上の「ギア」マークのプルダウンメニューから「設定」を選ぶ。

2. 「全般」タブの「送信取り消し」メニューにある「送信取り消し機能を有効にする」のチェックボックスをオンにして、「取り消せる時間」を5~30秒で選択。

3. 一番下部の「変更を保存」。


繰り返しますが、取り消しできるのは送信後5~30秒だけなので、これを機会に、メール送信直後に送信したメールを確認する癖をつけたいものです。



スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

スポンサーリンク

最近のトラックバック
最近のコメント
検索フォーム
ユーザータグ

IFRS 簡単図解 

楽天トラベル
amazonからのお薦め

FC2カウンター
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
リンク
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
RSSフィード
プロフィール

xz400

Author:xz400
「生涯一コンサルタント」として、ダウンシフトしながら、人生晩年を迷走中です。

Firefox
Firefox ブラウザ無料ダウンロード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。