IFRSの(会計)システム対応コスト?

金融庁の「IFRSレポート」絡みで、システム対応コストのところが、少し話題になっているようです。
IFRSレポートでは、「2.IFRSへの移行準備・移行コスト」の中で、「(5)「IFRSへの移行」に直接要したコストの概算額」と、その内訳として「③ 会計システムの導入又は更新」コストを聞いています。
先般の指摘の通り日経記事の該当部分は大きく間違ってます。)

ところが、回答結果をまとめたグラフのところは単に「システム導入又は更新」となっており、「会計」が落ちています。この点は非常に興味深いです。
つまり、このアンケートでは回答すべきが「会計システム」のコストか、「(会計以外を含めた)システム」のコストなのか、不明瞭に見えます。

ちなみに、IFRSレポートでは、別に「IFRSの適用に際して導入又は更新を行ったシステム」を聞いており、そこでは「連結システム、固定資産システム、販売システム、開示システム、購買システム、その他」が挙げられています。
管理人の認識では、会計システムと、ここに列記されたシステムの範囲は同じではない(少なくとも販売システム、購買システムは会計システムではない)のですが、おそらく金融庁は、この点をあまり区別せずにアンケートしたのではないでしょうか。

管理人の知る限り、会計システムのパッケージ価格は概ね数十万円~数百万円の桁であり、多少ライセンス数を増やしたり、機能範囲を広げたりしても、数千万円になることは稀です。また、財務会計というルールが明確なために、カスタマイズの必要性も低いはずです。
それに対して、販売システム等の業務システムや管理会計システムは機能も価格も千差万別で、ライセンス数も事業等の規模に応じて大きな差異が生じます。もしERPに手を入れるようであれば、数千万円~億円単位の費用を要するでしょう。

システム導入又は更新コストについては、回答企業数は25社で、

1千万円未満 4社

5千万円未満 6社

1億円未満 1社

5億円未満 8社

5億円以上 6社

となっています。

アンケート結果でこのように金額が大きくバラけたのは、「システム」の範囲が不明瞭なのが(企業や事業の規模等以外の)ひとつの大きな要因ではないかと思われます。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

スポンサーリンク

最近のトラックバック
最近のコメント
検索フォーム
ユーザータグ

IFRS 簡単図解 

楽天トラベル
amazonからのお薦め

FC2カウンター
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
リンク
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
RSSフィード
プロフィール

xz400

Author:xz400
「生涯一コンサルタント」として、ダウンシフトしながら、人生晩年を迷走中です。

Firefox
Firefox ブラウザ無料ダウンロード