JR東日本 東京駅開業100周年記念Suicaと売上、利益

実は、昨日の「JR東日本 東京駅開業100周年記念Suicaの仕訳」というエントリには、やや問題な部分があります。

どこかと言うと、

売上は約75億円~(中略)。利益は~(中略)~約15%と仮定すると約11億円。

のところです。

お判りになった方も多いと思いますが、これはあくまで、今回発売する「東京駅開業100周年記念Suica」に関する数字だけについて(売上、利益がプラスされるところを)述べています。これ自体には(たぶん)間違いはないのですが、売上や利益がJR東日本全体でも純増するように受け取ることもできる文章です。

東京駅開業100周年記念Suicaを買ったからといって、購入者が必要のない旅行や出張を新たに1,500円分する、と考えるのはおかしいですね。もしも旅行等に使う場合には、すでに手持ちのSUICAや新たに購入するはずだった切符がその分買われず(使わず)、同額の売上が減少(マイナス)となり、差し引き0になるというのが、妥当な予測です。

ゆえに、JR東日本全体としては、売上、利益は、ほとんど変わらないはず、と予想するのが正しい見方です。本当は、この部分を昨日のエントリに付けておくべきだったかもしれません。文章としてはクドくなり、文意も判りにくくなりますが。

プラスとマイナス、又は部分最適と全体最適のお話といっても、よいでしょうか。
これに類するような、不適切な議論は、実は世の中にたくさん見られます。例えば、コンサルタントや経済評論家、学者・研究者等が「XXの経済効果」とか「XX投資の波及効果」などというのは、ほとんどがその類です。判っていてやっている悪質な場合もありますし、単に考えが足らない(頭が悪い)ケースもあり。また、難しい話を簡単に解説しようとして、このような状態に陥ることもあります。
いずれにしても、この手の話を聞くときには、眉に唾をつけて(←死語)聞くのがよろしいと考えます。もちろん、言う方は当然に気をつけて(自戒)。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

スポンサーリンク

最近のトラックバック
最近のコメント
検索フォーム
ユーザータグ

仮想通貨 IFRS 簡単図解 

楽天トラベル
amazonからのお薦め

FC2カウンター
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
リンク
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
RSSフィード
プロフィール

xz400

Author:xz400
「生涯一コンサルタント」として、ダウンシフトしながら、人生晩年を迷走中です。

Firefox
Firefox ブラウザ無料ダウンロード