運輸会社の誤送

今週、初めてAmazonでモノを買いました。

何でこれまで使わなかったかというと、単に情弱なのと、あと一度、使い始めたら際限なく依存してしまう、自己の弱さをよく知っているからでした。

予感は的中。翌々日には、値頃感を調べるために検索したPCの周辺機器(無線LANルーター)がセール品で出ていたので即購入。こうやって、ヒトは依存症になっていく。

ところが、このブツが配送予定日を過ぎても、来なかった。最初に買った奴は、プライムでもお急ぎ便でもなかったけど購入日の翌日午前中に着いたんですが(byヤマト運輸)。
「配送状況を確認する」を見ると、ずっと「配送中」で停止している様子。

で、Amazonのヘルプ&カスタマーサービスで、「配送」→「配送業者の連絡先」経由その運輸会社(ヤマトじゃなくて他の会社)のサイトで「伝票番号」で状況を確認すると、一度「配送所」に到着したあと「担当外の配送所だったので転送」と…。
配送を担当する運輸会社の誤送でした。

今回の感想は、運輸会社って、本当にダメ。確率1/2(50%)で誤送するレベル(←本当は過少サンプルなので、こんなこと言ってはいけない)ということ。
人間は簡単にミスをしますので、まあ、仕方がないこと。早く、自動運転が普通の世界になって欲しいものです。機械により、運輸会社の運転手とか、スタッフが不要になれば、こんなバカばかしい間違いは確実に極小化しますので。(ゼロにはならないでしょうが)

あと、当面、使うならばやっぱりヤマト運輸、ということでした。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

スポンサーリンク

最近のトラックバック
最近のコメント
検索フォーム
ユーザータグ

IFRS 簡単図解 

楽天トラベル
amazonからのお薦め

FC2カウンター
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
リンク
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
RSSフィード
プロフィール

xz400

Author:xz400
「生涯一コンサルタント」として、ダウンシフトしながら、人生晩年を迷走中です。

Firefox
Firefox ブラウザ無料ダウンロード