朝日新聞のは「誤報」でなく「捏造」

朝日新聞の記事捏造問題。こういうのに触れるだけで、こちらまで身が穢れる思いがして近寄らないでおりましたが、やっぱり気になるところを少々。

リスク・マネジメント的には、危機管理の初動(?)に失敗し、終始強弁→延焼→反証開示で燃料追加投入→焼け落ち(今ここ)…という状態に見えます。理研の、小保方捏造問題と少し似ていているでしょうか。
(理研に関して、以前に少しだけ書いたのはこちら。)

もうひとつ問題なのは、未だに「誤報」などと言い張っている(言い逃れしている)らしいこと。
誤報は過失によるもので、玉石混交、種々雑多な記者や社員等のいる大手新聞では相応の確率で生じることも致し方ないでしょう。
しかし、朝日新聞の本件は、明らかな故意による事実の大きな捻じ曲げで、誤報ではありません。言葉に深いこだわりを有する朝日新聞社のエラいジャーナリストの皆さんには「捏造」と正確に表現して頂きたいものです。

つまり、誤報と言っているうちは、捏造が続いているということ。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

スポンサーリンク

最近のトラックバック
最近のコメント
検索フォーム
ユーザータグ

IFRS 簡単図解 

楽天トラベル
amazonからのお薦め

FC2カウンター
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
リンク
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
RSSフィード
プロフィール

xz400

Author:xz400
「生涯一コンサルタント」として、ダウンシフトしながら、人生晩年を迷走中です。

Firefox
Firefox ブラウザ無料ダウンロード