日経「「のれん」会計、見直しも 国際会計基準 前倒し処理しやすく」

2014.9.6付の日本経済新聞、投資情報面より。

■「のれん」会計、見直しも 国際会計基準
前倒し処理しやすく(2014.9.6)


IASB議長ハンス・フーガーホースト氏へのインタビューを元にした記事のようです。

リードを一見して、本当かよ?と、頭上にクエスチョンマークが複数点灯しました(笑)
昨日、当ブログでも書いたように、のれんの処理が日本基準とIFRSの大きな異同点であり、そのためIFRSの強制適用の障害であることは間違いありません。

ただ、それだけ大きな課題ということでもあり、IFRS側がそんなに簡単に解釈を変えるとは、到底考えられません。リード部分は、IASB議長のリップサービスを(故意に)過剰に取りあげた煽りに違いないと判断しました。
本文を読むと「定期的に償却していくか、より早く減損を認識するのかなど慎重に検討していく」となっており、極めて当然の書きぶりに落ち着いています。

なお、持ち合い株式の売却損益については、本文でも「IFRSが方針を転換する」と明記してありますが、本当が?
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

スポンサーリンク

最近のトラックバック
最近のコメント
検索フォーム
ユーザータグ

仮想通貨 IFRS 簡単図解 

楽天トラベル
amazonからのお薦め

FC2カウンター
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
リンク
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
RSSフィード
プロフィール

xz400

Author:xz400
「生涯一コンサルタント」として、ダウンシフトしながら、人生晩年を迷走中です。

Firefox
Firefox ブラウザ無料ダウンロード