日経社説「会計基準の乱立を解消し市場の国際化を」

本日のお題は、2014.8.5付、日本経済新聞総合1面の社説「会計基準の乱立を解消し市場の国際化を」より。
IFRSの任意適用を促す結論のようですが、途中の論理がいろいろと香ばしくて、見逃せない(笑)

修正国際基準の策定により4つの基準が乱立というのは、その通りですが、のれんの例を挙げて「基準の違いは解消されていない」というのは論理が逆ですよね。世界と異なる「日本の考え」がのれんの償却であり、そのために、わざわざ誰得の修正国際基準とやらを策定した訳ですから。

また「日本が会計について独自の考えを大切にする姿勢は重要だ」といのも、まったく的外れ。どうしてそんなことを思うのか、判らない。会計ごときに「独自の考え」なんて、どうでもよくて(そんなことは学者が勝手にやっていればよい)、何がリーズナブル(現実適応的)か、将来的&長期的に投資家に利得があるか、等が重要でしょう。ズレてるなあ。

「東証が上場規則で推奨」なんていってるのも…。強制適用しか、ないでしょう。

数年前に、もしIFRSを強制適用していたら、米国も追い込まれ(米国の採否は別にしても)30年間くらいは欧州に「誰のおかげで…」と因縁をつけ、日本の主張が少しは通り易い状況が続いたかもしれない。
民主党(連立)政権&国民新党のXX大臣の戦略的な大失策です。


すらすら図解 IFRSのしくみすらすら図解 IFRSのしくみ
(2013/10/17)
有限責任 あずさ監査法人 IFRS本部

商品詳細を見る
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

スポンサーリンク

最近のトラックバック
最近のコメント
検索フォーム
ユーザータグ

IFRS 簡単図解 

楽天トラベル
amazonからのお薦め

FC2カウンター
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
リンク
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
RSSフィード
プロフィール

xz400

Author:xz400
「生涯一コンサルタント」として、ダウンシフトしながら、人生晩年を迷走中です。

Firefox
Firefox ブラウザ無料ダウンロード