数十年に一度の意味

駅で隣の椅子に座った女性の2人づれが「何十年に一度の…とかいうのが、近頃、多くない?」と話をしていました。

なるほど、判りやすく伝えるためか、このような「X十年に一度の~」という表現をマスコミ等でよく目にするようになりました。また、リスクマネジメントの世界でも、こういう表現を使います。

ただ、このタイプの表現(確率的な表現)は、以下のような点に留意することが必要と思います。

1. 過去の観測期間で発生が観測されたということ
あくまで、過去の観測期間において実際に観測(実測)されたものごと、ということです。未来を表す訳ではなく、回数は整数で1より小さいこと(0.5回とか)はない。また、観測期間外に何があったかは反映しておらず、また観測漏れも有り得るかもしれません。

2. 周期を表している訳ではないこと
例えば「1年に一度」というと毎年起こるようなイメージを持つかもしれませんが、一般的な表現とは異なり、必ず毎年生じるという訳ではありません。つまり、観測期間に対する発生回数の割合であり、周期性を表している訳ではないのです。そのため、「10年に一度」のものごとが、2年続けて生じる場合も当然あります。

3. 観測期間によっては結論が怪しい場合があること
1と2から明らかですが、観測期間によっては結論が怪しくなる場合があります。
観測期間が100年で1回観測されたならば「100年に一度」で一応問題なさそうですが、観測期間10年で1回観測されたものごとだと、文字通り「10年に一度」なのか、その後90年は観測されず「100年に一度」か、はたまたその後90年間で99回観測され「1年に一度」になるのかは、怪しい場合があります。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

スポンサーリンク

最近のトラックバック
最近のコメント
検索フォーム
ユーザータグ

IFRS 簡単図解 

楽天トラベル
amazonからのお薦め

FC2カウンター
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
リンク
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
RSSフィード
プロフィール

xz400

Author:xz400
「生涯一コンサルタント」として、ダウンシフトしながら、人生晩年を迷走中です。

Firefox
Firefox ブラウザ無料ダウンロード