コストパフォーマンス(CP)とは?(1)

デイリーポータルZ(DPZ)の、おおたかおるさんの記事。

■幸せを感じるための簿記入門(2014.6.14)
http://portal.nifty.com/kiji/140613164368_1.htm


おいしいドーナツを食した際の状況などを複式簿記(試算表?、B/S+P/L)的に表現されていて、とても面白い。

「私が得したと感じた金額」を「幸福受贈益」と定義していて、「いわゆるコスパ」と書いておられる。
(「コスパ」と略すのが苦手なので、短縮する場合は以下「CP」と表記します)

おおたさんの定義によるCPの算式は、以下になります。

CP=私が感じた価値-実際に払った金額


これが自分の感覚と、ちょっと違ったのですね。
管理人のイメージしていた算式は、

CP=私が感じた価値/実際に払った金額
※ 私が感じた価値はグロス(総額ベース)


でした。

飲食店紹介等の記事を書いていた際には、CPに応じて星(★)を付けていました。ただ、上記の算式を明確に定義していた訳ではなく、今考えると、このように算出していたということなのですが。

これは、おおたかおるさんの算式とは、以下の2点が異なります。

1. 金額ベース/率ベース
CPの表現が金額ベースか、または率ベースか?

2. ネット/グロス
私の感じた価値がネット(差額ベース)か、グロス(総額ベース)か?

しいて言うと、太田さんのは会計でいう「利益」で、管理人の方は「粗利益率」(の逆数)のイメージでしょうか。

どちらが正解か、というは置いておくとして、この2つの違いは、CのP良し悪し、あるいは点数に大きく影響するのではないでしょうか。

ひとりが評価する(=同じ方法)である個人ブログ等では問題ないかもしれませんが、例えば、異なる方式で算出された点数を混在させ、加減乗除するのはちょっと許容しがたい。
飲食店情報サイトの、評価として付与される星(★)は、そうなっている可能性が高いのでは、と思いました。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

スポンサーリンク

最近のトラックバック
最近のコメント
検索フォーム
ユーザータグ

仮想通貨 IFRS 簡単図解 

楽天トラベル
amazonからのお薦め

FC2カウンター
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
リンク
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
RSSフィード
プロフィール

xz400

Author:xz400
「生涯一コンサルタント」として、ダウンシフトしながら、人生晩年を迷走中です。

Firefox
Firefox ブラウザ無料ダウンロード