ほとんどのM&Aは失敗する?

「M&Aなんて、ほとんど成功しない。意味が無い。」という言説に接しました。

まぁ、M&Aの成功率が、以下の式で算出した場合にはかなり低い、というのは、事実だと思います。

M&Aの成功率=M&Aの成功率件数/M&Aの件数


同時に、上式自体には、ちょっと問題があるとも、思います。つまり、何と比べるか、ということ。

ほとんどの企業が毎年失敗している(日本企業の7割が赤字)ので、M&Aに限らず、ほとんどの戦略、戦術、施策等は、おそらく失敗な訳でして。特に、新たな施策については。

M&Aをdisる場合には、施策全体の成功率(下記の式で算出)と比較することが最低限必要かと。

施策等の成功率=施策等の成功率件数/すべての施策等の件数


さて、どちらがどれくらい高いのでしょうか。興味津々。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

スポンサーリンク

最近のトラックバック
最近のコメント
検索フォーム
ユーザータグ

IFRS 簡単図解 

楽天トラベル
amazonからのお薦め

FC2カウンター
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
リンク
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
RSSフィード
プロフィール

xz400

Author:xz400
「生涯一コンサルタント」として、ダウンシフトしながら、人生晩年を迷走中です。

Firefox
Firefox ブラウザ無料ダウンロード