[Excel]ピボットテーブル(3)フィールドリスト

Excelのピボットテーブルの学習の続き。

ピボットテーブルの一部を選択すると、「ピボットテーブルのフィールドリスト」が出てきます。フィールドとは、データの項目のことです。

フィールドリストは、フィールドセクションとエリアセクションの2つに分かれ、フィールとセクションで、まずフィールドを選択(「レ」)し、エリアセクションでそのフィールドの配置(「列ラベル」、「行ラベル」等)をおこないます。

例えば、「列ラベル」が縦軸(列)、「行ラベル」が横軸(行)、「Σ値」が集計方法に相当します。

なお、「Σ値」は、自動ではおかしな集計が選択される場合があります。金額(合計)が欲しいのに、「データの個数」が集計される、とか。この場合は、フィールド名の「▼」をクリック、「値フィールドの調整」メニューから、該当するものを選択します。

フィールドリストは、デフォルトではシートの右端に固定表示されますが、ドラッグしてシート内に引き込むことも可能。なお、シート右端外にドラッグすると、また固定されます。表示方法も、右上の「アイコン」→「▼」から選択可能です。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

スポンサーリンク

最近のトラックバック
最近のコメント
検索フォーム
ユーザータグ

仮想通貨 IFRS 簡単図解 

楽天トラベル
amazonからのお薦め

FC2カウンター
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
リンク
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
RSSフィード
プロフィール

xz400

Author:xz400
「生涯一コンサルタント」として、ダウンシフトしながら、人生晩年を迷走中です。

Firefox
Firefox ブラウザ無料ダウンロード