[Excel]ピボットテーブル(2)作成

ずいぶん間が空いてしまいましたが、Excelのピボットテーブルの学習の続き。

Excel2010では、ピボットテーブルを作成するのはとても簡単。なお、データ範囲を事前にテーブルにしておくとよいと思います。

1.ピボットテーブルを作成するテーブルの一部(又はデータ範囲)を選択。

2.リボンの「挿入」→「ピボットテーブル」。

3.デフォルトは「別シートに作成」ですが、「既存シートに作成」する場合はラジオボタンで選択し、作成するピボットテーブルの[左上角]に相当するセル(範囲は不要)をクリックして選択すればOK。


ピボットテーブルの一部を選択すると、「ピボットテーブルのフィールドリスト」が出てくるのでフィールド(項目)を選択、「レポートフィルタ」、「列ラベル」、「行ラベル」、「Σ値」を調整します。(次回、詳述予定

なお、ピボットテーブルでは、テーブルや元データのデータ領域(項目名を含む)に空白セルがあると、誤動作する場
合があるようです。データに空白セルを作らないことが重要です。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

スポンサーリンク

最近のトラックバック
最近のコメント
検索フォーム
ユーザータグ

仮想通貨 IFRS 簡単図解 

楽天トラベル
amazonからのお薦め

FC2カウンター
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
リンク
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
RSSフィード
プロフィール

xz400

Author:xz400
「生涯一コンサルタント」として、ダウンシフトしながら、人生晩年を迷走中です。

Firefox
Firefox ブラウザ無料ダウンロード