組込デリバティブ

一昨日の、FASB案に関するエントリに関連して。
組込デリバティブは、当ブログでも、かなり多く検索される用語のひとつ。稼ぎ頭です、ありがとう(笑)
過去のエントリはこちら、図解はこちら

定義を再掲しておくと、

組込デリバティブ(Embedded Derivatives)とは、デリバティブではない主契約をも含んだ混合契約の構成部分。(IFRS9号 4.3.1)

対義語である、独立デリバティブ(Independent Derivatives)は、金融商品に付帯しているが、契約上、当該商品とは別個に譲渡可能であるか、又は相手先が異なるデリバティブのこと。(同)

よく読むと、組込デリバティブが主契約を混合契約とし、金融商品以外の契約を含むのに対して、独立デリバティブの方は、金融商品に限定しているのですね。つまり、組込/独立で非対称になっている感じ。例えば、商品取引に附随するデリバティブの場合等です。

まあ、独立の場合は、結局、分離するので、取扱いに違いは出ないと思いますが。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

スポンサーリンク

最近のトラックバック
最近のコメント
検索フォーム
ユーザータグ

IFRS 簡単図解 

楽天トラベル
amazonからのお薦め

FC2カウンター
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
リンク
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
RSSフィード
プロフィール

xz400

Author:xz400
「生涯一コンサルタント」として、ダウンシフトしながら、人生晩年を迷走中です。

Firefox
Firefox ブラウザ無料ダウンロード