大和総研「企業の情報開示はどこに向かうのか?」

大和総研調査季報2013年春季号の掲載論文の要旨。副題は「IFRS、開示、統合報告」。

■企業の情報開示はどこに向かうのか?(2013.4、PDF)
http://www.dir.co.jp/publicity/edit/publication/pdf/cho1304_06.pdf

著者は、当ブログではおなじみの、吉井一洋氏、鳥毛拓馬氏。残念ながら、Webでは概要のみ、全文は「大和総研調査季報」にて。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

スポンサーリンク

最近のトラックバック
最近のコメント
検索フォーム
ユーザータグ

仮想通貨 IFRS 簡単図解 

楽天トラベル
amazonからのお薦め

FC2カウンター
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
リンク
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
RSSフィード
プロフィール

xz400

Author:xz400
「生涯一コンサルタント」として、ダウンシフトしながら、人生晩年を迷走中です。

Firefox
Firefox ブラウザ無料ダウンロード