電通がIFRS任意適用

電通が、「目標」という留保表現付きながら、2015年3月期からIFRSを任意適用することを公表しています。

■英国イージス社の買収完了と電通グループの新しい事業統括体制について(2013.3.26)
http://www.dentsu.co.jp/news/release/2013/pdf/2013036-0326.pdf


メインは、M&Aとそれに伴う体制に関するリリースですが、文末にサラッと言及。2015年3月期(年度末決算)を目標に、IFRSを任意適用することがコメントされています。

これで、IFRS任意適用は18社目。

IFRS任意適用企業(18)
日本電波工業、住友商事、HOYA、日本板硝子、JT、DeA、SBIホールディングス、アンリツ、中外製薬、楽天、マネックスグループ、ソフトバンク、丸紅、旭硝子、トーセイ、アステラス製薬、双日、電通
(NYSEの三井住友FGは除く)
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

スポンサーリンク

最近のトラックバック
最近のコメント
検索フォーム
ユーザータグ

仮想通貨 IFRS 簡単図解 

楽天トラベル
amazonからのお薦め

FC2カウンター
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
リンク
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
RSSフィード
プロフィール

xz400

Author:xz400
「生涯一コンサルタント」として、ダウンシフトしながら、人生晩年を迷走中です。

Firefox
Firefox ブラウザ無料ダウンロード