電子書籍のコスト?

2012.12.29付の、日本経済新聞の記事より。

■混戦 電子書籍 下
コスト・品ぞろえに難題 収益化ハードル高く(2012.12.29)


既存書籍の電子化のコストとして

裁断やスキャンなど紙から電子にする作業に1タイトル10万~15万円、
電子書籍として読めるフォーマットに整えるの3万~5万円。
そこから書店ごとに異なる閲覧ソフトに合わせるのに1万円程度。
(上記から引用)

書籍の電子化にはコストがかかる、という文脈ですが、出版社が関与するのに「裁断やスキャンなど紙から電子にする作業」にコストを掛ける必要はないでしょう。個人で自炊するのと違うんですから。
単に、編集段階で使用した電子データを使えばよいはず。まさか、電子データを使わずに、編集・印刷工程を運用している訳ではないでしょう。

あと(どうでもいいけど)「電子にする」って、表現は、どうなんでしょうか?(笑)
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

スポンサーリンク

最近のトラックバック
最近のコメント
検索フォーム
ユーザータグ

IFRS 簡単図解 

楽天トラベル
amazonからのお薦め

FC2カウンター
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
リンク
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
RSSフィード
プロフィール

xz400

Author:xz400
「生涯一コンサルタント」として、ダウンシフトしながら、人生晩年を迷走中です。

Firefox
Firefox ブラウザ無料ダウンロード