リースの会計処理(2012.7暫定決定)(1)

7月までのIASBの暫定決定による、リースの会計処理の概要です。

リースには、短期リースを除き、使用権資産(right-of-use asset)モデルを適用します。

リースを、定額リース(Straight-line leases)と「前倒しリース(Accelerated leases)」の2種類に区分し、借手・貸手とも、各2つの認識パターンを使用します。リースを区分する観点は借手と貸手で同様で、以下の通り。
-リース期間が原資産の経済的耐用年数に占める割合
-固定リース料の現在価値が原資産の公正価値に対する重要性

具体的には、不動産リースかどうか、を出発点に、以下のように区分します。

1.不動産のリースは、以下の要件に合致する場合を除き、定額リースに区分する。
-リース期間が原資産の経済的耐用年数の大部分である。
-固定リース料の現在価値が、原資産の公正価値とほぼ等しい。

2.不動産以外の資産のリースは、以下の要件に合致する場合を除き、前倒しリースに区分する。
-リース期間が原資産の経済的耐用年数のわずかな部分(insignificant portion)である。
-固定リース料の現在価値が原資産の公正価値と比較して重要ではない。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

スポンサーリンク

最近のトラックバック
最近のコメント
検索フォーム
ユーザータグ

IFRS 簡単図解 

楽天トラベル
amazonからのお薦め

FC2カウンター
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
リンク
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
RSSフィード
プロフィール

xz400

Author:xz400
「生涯一コンサルタント」として、ダウンシフトしながら、人生晩年を迷走中です。

Firefox
Firefox ブラウザ無料ダウンロード