ASBJと会計士協 日本語訳の分担

IFRS財団&IASBのサイトで公表されるレポートやコメントは、英語なので管理人には意味不明なのですが、日本に関係する一部のドキュメントなどは翻訳され、日本語で読めることもあります。

面白いのは、それを企業会計基準委員会(ASBJ)と日本公認会計士協会(場合によっては金融庁も)が、分担しているように思われるところ。ただ、何を基準にして振り分けているのかは、よく判らず(笑)

例えば、ここのところの、SECスタッフ・ペーパー関係のドタバタは、会計士協会が担当していたようです。

■米国SECのIFRSに関するスタッフレポートの公表への回答(2012.7.17)
http://www.hp.jicpa.or.jp/ippan/ifrs/information/iasb/secifrs_2.html

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

スポンサーリンク

最近のトラックバック
最近のコメント
検索フォーム
ユーザータグ

仮想通貨 IFRS 簡単図解 

楽天トラベル
amazonからのお薦め

FC2カウンター
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
リンク
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
RSSフィード
プロフィール

xz400

Author:xz400
「生涯一コンサルタント」として、ダウンシフトしながら、人生晩年を迷走中です。

Firefox
Firefox ブラウザ無料ダウンロード