IFRS13号(5)インプット

(IFRS13号学習の続き)

IFRS13号の付録A用語の定義では、「インプット」関係の用語が7種類定義されています。全25個のうち、約1/3を占める最大勢力。

インプット(Inputs)

レベル1のインプット(Level 1 inputs)

レベル2の(Level 2 inputs)インプット

レベル3のインプット(Level 3 inputs)

観察可能なインプット(unobservable inputs)

観察可能でないインプット(unobservable inputs)

市場の裏付けのあるインプット(market-corroborated inputs)


インプット(Inputs)は、市場参加者が資産又は負債の価格付けを行う際に使用するであろう仮定です。次のようなリスクに関する仮定が含まれます。
(a) 公正価値の測定に用いる特定の評価技法(価格決定モデル等)に固有のリスク
(b) 評価技法へのインプットに固有のリスク仮定

インプットは、基本的にレベル1~レベル3の3種類に区分されます。

レベル1のインプット(Level 1 inputs)とは、企業が測定日現在でアクセスできる同一の資産又は負債に関する活発な市場における(無修正の)相場価格。

レベル2のインプット(Level 2 inputs)とは、資産又は負債について直接又は間接に観察可能なインプットのうち、レベル1に含まれる相場価格以外のもの。

レベル3のインプット(Level 3 inputs)とは、資産又は負債についての観察可能でないインプット。

観察可能でないインプット(unobservable inputs)は、レベル3のインプットと同義。他方、観察可能なインプット(observable inputs)は、レベル1とレベル2に対応します。

市場の裏付けのあるインプット(market-corroborated inputs)は、レベル2のインプットの最後に例示されているもの。
相関その他の手段により主に観察可能な市場データから算出されるか又は裏付けられるインプット、という定義ですが、よく判りません。「その他」という感じなんでしょうか。
ちなみに、本則(日本語版)中では「市場の裏付けがあるインプット」となっています。「(が)」だと検索しても引っかからないので注意(笑)
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

スポンサーリンク

最近のトラックバック
最近のコメント
検索フォーム
ユーザータグ

IFRS 簡単図解 

楽天トラベル
amazonからのお薦め

FC2カウンター
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
リンク
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
RSSフィード
プロフィール

xz400

Author:xz400
「生涯一コンサルタント」として、ダウンシフトしながら、人生晩年を迷走中です。

Firefox
Firefox ブラウザ無料ダウンロード