FC2ブログ

ベンチャー投融資などに関する「池田信夫blog」と「iSOLOGUE」での議論

池田信夫さんのブログ「池田信夫blog」と磯崎哲也さんのブログ「iSOLOGUE」で、ITベンチャー(?)などに関する議論(コメントのやり取り)が面白かったのでメモ。

[経緯]
発端は、磯崎さんの2008.6.27の「ITゼネコン構造がイノベーションを阻む」(池田氏、月刊アスキー記事)について、というエントリ。
それに対して、池田さんが2008.6.27に、いい加減さの最適化、として反論。
以下、時系列(ブログのエントリの順)に並べると…

磯崎さん:ベンチャー企業」のための資金調達入門(2008.6.28)

池田さん:ウェブの食物連鎖(2008.6.28)

磯崎さん:投資と融資の違い(2008.6.29)

池田さん:「中抜き」の経済学(2008.6.29)

磯崎さん:ベンチャー企業とMM理論と上限金利規制(2008.6.30)

荒っぽいのを承知で、両者の立ち位置を示すと、池田さんは、従前から主張していたように、ITゼネコン構造、過剰ガバナンスなど現状を強く批判。他方、磯崎さんは、実務家として、現状を広く容認してたうえで、制度的な解説を展開。
磯崎さんの論理的な整理は、いつもながら見事で非常に参考になりますが、管理人の感覚は池田さん寄りです(笑)

なお、議論に触発されて、考えた私見(極論)を3点ほど。

1.ベンチャーとは、どういう存在なのか?
2.ベンチャーの生存率、収益性は、どの程度なのか?
3.ベンチャーにおける資金(=投資)の意味合いは?


1.ベンチャーとは、どういう存在なのか?
ベンチャーとは、その原義の通り、単にリスクの非常に大きな企業。多産多死。スモールビジネスとはハッキリ区分することが重要。そのため、ベンチャー投資では、一般の事業会社への投資と同列に考えることはできない。事業性の事前評価などは詐欺(的な案件)の排除手段にすぎず、バクチ(と言って悪ければ、宝くじ、ギャンブル)と同様と割り切るべき。

2.ベンチャーの生存率、収益性は、どの程度なのか?
ベンチャーの定義を1のようなハイリスクだとすると、磯崎さんが書かれている「10社に1社」、「20社に1社」というのは、ちょっとイメージが1~2桁違うでしょう。1,000社のうち、2~3社が生存し、おのおの数百倍の企業価値になるという感じ。磯崎さん自身も後に「30倍、50倍程度」をミドルリスク・ミドルリターン」とも書いておられ、当然認識されているようですが。逆に、他人のカネでギャンブルをやる以上、数百~数千倍の上がりを狙うのは、当たり前のような気がします。

3.ベンチャーにおける資金の意味合いは?
これが一番違和感のあったところ。
投資と融資は、経済的には同じもの。更に磯崎さんは、会計でも、長期分は「資金を出す側」にとっては同じ(固定資産)、「資金調達する側」には、負債と資本で大きく異なる、と説明されている。あくまで会計的には、そうなんでしょう。
でも、資金調達する側が、負債と資本、短期と長期などを区別しているなんてことは、まったくありません(経験より)。入ってきたキャッシュに色は無く、すべて単純に「オレのもの」と考えている訳で。というか、この点に関しては、ベンチャーだけでなく、スモールビジネスの経営者、役所、マスコミ、世間を含めて、同じように考えているものだと思っていました。でなければ、銀行の融資について「貸し渋り」とか「貸し剥がし」などというアホな言いがかりが有り得るはずはないですから。(最後はちょっと話が逸れた)
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

確かに

>風竜胆さん、コメントどうもです。
ご指摘通り、この議論の噛み合わなさの原因は、確かに、モデルの相違にあると言えそうですね。

ベンチャーにおける資金の意味合い

はじめまして
私は、この分野に関しては門外漢ですが、この議論は、お互いがよりどころにしているのが、単なる学問毎のモデルにすぎないのに、それを絶対的なもののように考えていることからくるのでしょうか。
モデルとは、実際の現象の一部を、理論が説明しやすいように切り出しているので、目的ごとに、違っても不思議はないのですが。

資金の意味合い

はじめまして
私は、この分野には門外漢ですが、結局は学問の分野ごとに、想定しているモデルが違って、お互いそのモデルの中で、こうなんだと言っているだけということのように見えます。
モデルというのは、あることを理論的に組み立てやすいよう、実際の現象の一部を抜き出しているので、違うモデル間で議論しても、あまり意味がないのではと思います。
スポンサーリンク

最近のトラックバック
最近のコメント
検索フォーム
ユーザータグ

仮想通貨 IFRS 簡単図解 

楽天トラベル
Amazonからのお薦め
FC2カウンター
カレンダー
06 | 2019/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
リンク
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
RSSフィード
プロフィール

xz400

Author:xz400
「生涯一コンサルタント」として、ダウンシフトしながら、人生晩年を迷走中です。