今、知っていれば現在価値は等しい

(休日モード)

先ほど、「コンサルタントは、昨晩知ったことを10年前から知っていたように喋る」とTweetされているのを見ました。
実際に、こういう状況が(たまに)ある(笑)

また、このような揶揄は、時々されます。それも、ハッキリ言われる訳でなく、なんとなくです。技術系の方や、国家資格持ちの専門家に多い傾向のような(←偏見)。

知識は積み重ね、古くから&積み上げて、いろいろ知っていることが尊い、というような価値観があるのでしょうかね。だとすると、年功序列というか、年寄り崇拝的で、いつまでも先人を追い抜けないような。

マジレスすると、「いつ」知ったかが、そんなに大事だとは、思っていません。「昨晩知った」か、「10年前から知っていた」か、それ自体には意味が無い。今、現時点で「知って」いれば、等価でしょう。現在価値としては、同じ。

問題なのは、付け焼刃だと経験が伴わず知識の底が浅いこと。また、体系的でない知識は、すぐ忘れてしまうこと、など。これらは、「いつ」知ったかとは、無関係です。
いくら揶揄されようと、知らなかったことを新たに勉強することは、いくつになっても、大切だと思っています。それも、アウトプット(ゴール)の直前まで。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

スポンサーリンク

最近のトラックバック
最近のコメント
検索フォーム
ユーザータグ

仮想通貨 IFRS 簡単図解 

楽天トラベル
amazonからのお薦め

FC2カウンター
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
リンク
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
RSSフィード
プロフィール

xz400

Author:xz400
「生涯一コンサルタント」として、ダウンシフトしながら、人生晩年を迷走中です。

Firefox
Firefox ブラウザ無料ダウンロード