委託販売契約

(再公開草案「収益認識」適用指針の学習の続き)

委託販売契約(Consignment arrangements)とは、通常、以下のような特徴を有する契約です。

1.委託在庫は、販売業者の顧客への当該製品の販売などが発生するまで、又は所定の期間が満了するまで、企業が支配する。
2.その事象が生じる時点までは、製品の返還又は別の販売業者への移転を要求することができる。
3.販売業者は、製品に対する支払をする無条件の義務がない(ただし、預け金(deposit)の支払を求められる場合はあり)。

委託販売契約では、販売業者への製品の引渡時には収益を認識しません。(B50)

【関連サイト】
■ IASBの改訂公開草案「顧客との契約から生じる収益」に関する意見の募集(2011.12.22)
https://www.asb.or.jp/asb/asb_j/press_release/domestic/sme13/
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

スポンサーリンク

最近のトラックバック
最近のコメント
検索フォーム
ユーザータグ

IFRS 簡単図解 

楽天トラベル
amazonからのお薦め

FC2カウンター
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
リンク
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
RSSフィード
プロフィール

xz400

Author:xz400
「生涯一コンサルタント」として、ダウンシフトしながら、人生晩年を迷走中です。

Firefox
Firefox ブラウザ無料ダウンロード