電子記録債権法

電子記録債権法とは、手形、売掛債権などの債権を、電子的に取り扱うための法律です。
つまり、電子手形、電子債権の発行、流通等を規制・促進するための立法ということになります。
例えば、電子手形では、①現物が存在しないので現物管理が不要、②印紙が不要、なので、少なくともこれらに必要なコストは削減されると考えられます。
一般的な(紙の)手形の流通は、近年大幅に減少していますが、電子手形は、中小企業にとっても、利点があるのではないでしょうか。
法律は、2008年度中に施行予定です。

電子記録債権法については、黒猫さんの「黒猫のつぶやき」に整理された記述があります。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

スポンサーリンク

最近のトラックバック
最近のコメント
検索フォーム
ユーザータグ

IFRS 簡単図解 

楽天トラベル
amazonからのお薦め

FC2カウンター
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
リンク
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
RSSフィード
プロフィール

xz400

Author:xz400
「生涯一コンサルタント」として、ダウンシフトしながら、人生晩年を迷走中です。

Firefox
Firefox ブラウザ無料ダウンロード