掛け算の順序問題と思考停止

「掛け算には順序がある」という教え方を、小学校でしているそうだ。
掛け算には、「掛けられる数」と「掛ける数」があり、順序がある、という理屈は、管理人的には、まったく理解できません。

ただ、小学校レベルにおける方便としての教え方が固定化したようなので、教師側が教え方を画一化させ理解度を測りたいという意図としては、有りそうな話だとは思います。
(まったく同意しませんし、容認もできませんが)

より問題だと感じたのは、自分がこの方法で教わった(憶えた)と思われる方が「当然、順序がある!」、「どちらでもよい、なんて、いいかげんなことではダメだ」と主張していること。この問題を扱ったあるブログ記事のコメント欄などを読むと、こちらの(間違った)方々の方が、むしろ多数派で、キチンとしているようにさえ、見えてしまいます。

小学校で習ったことを未だに盲信している、自分が思考停止の状態だということに気付いていない、かわいそうな方々なのですが。これは個々人の問題ではなく、人間一般として、既往の知識や習慣への依存度が非常に高い、ということなのでしょう。「拘泥」する、という奴です。

実はこれ、コンサルティングの現場でもよく見られる光景。今までやってきたことを変えるのは、非常に難しいのです。必要なのは、ちょっとしたアンラーニングだけなのですが、それができないケースが多い。仕方ないので、無駄を承知で、(変えるのではなく)新たな方法を付け足す形で提案することもあります。この方が、受け入れやすかったりする(笑)

掛け算の順序問題に関しては、文書化能力向上コンサルタントの開米瑞浩さんが、誠ブログに判りやすい(連載)記事をアップされているので、リンクをご紹介しておきます。
(他の記事へのリンクもあります)

■「掛け算には順序がある」・・・なんて、ご冗談でしょう?(1)(2011.12.24)
http://blogs.bizmakoto.jp/kaimai_mizuhiro/entry/3987.html
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

スポンサーリンク

最近のトラックバック
最近のコメント
検索フォーム
ユーザータグ

IFRS 簡単図解 

楽天トラベル
amazonからのお薦め

FC2カウンター
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
リンク
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
RSSフィード
プロフィール

xz400

Author:xz400
「生涯一コンサルタント」として、ダウンシフトしながら、人生晩年を迷走中です。

Firefox
Firefox ブラウザ無料ダウンロード