太平洋セメントの在外子会社がIFRS適用

太平洋セメントの、平成24年3月期(2012.3期)第1四半期決算短信(連結)より。関連会社のIFRS適用が記載されています。

■平成24年3月期 第1四半期決算短信〔日本基準〕(連結)(2011.8.11)
http://www.taiheiyo-cement.co.jp/news/news/pdf/110811b.pdf


連結財政状態について、以下の注記をしています。

在外の持分法適用関連会社の一部が国際財務報告基準(IFRS)を適用し、財務諸表を遡及処理したことに伴い、平成23年3月期第1四半期の四半期連結財務諸表及び平成23年3月期の連結財務諸表を遡及処理しております。


8月公表の話題が、なぜ今頃か?というと、当ブログを「太平洋セメント IFRS」で検索頂いた方がおり(ありがとうございます)、それをキックに、たまたま辿りついた、というのが理由です。

詳細不明ですが、財政状態に重要な影響があるほどの変更とは、原状回復費用の問題なんでしょうか?「露天掘り」はまだ解釈指針案だったと思いますし…
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

スポンサーリンク

最近のトラックバック
最近のコメント
検索フォーム
ユーザータグ

IFRS 簡単図解 

楽天トラベル
amazonからのお薦め

FC2カウンター
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
リンク
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
RSSフィード
プロフィール

xz400

Author:xz400
「生涯一コンサルタント」として、ダウンシフトしながら、人生晩年を迷走中です。

Firefox
Firefox ブラウザ無料ダウンロード