三菱商事のアジア財務拠点はシンガポール

金融庁の、金融審議会「我が国金融業の中長期的な在り方に関するワーキング・グループ」の資料に、興味深い内容があったのでポイントをメモ。

■第4回金融審議会「我が国金融業の中長期的な在り方に関するワーキング・グループ」を開催しました。(2011.9.30)
http://www.fsa.go.jp/singi/singi_kinyu/w_group/siryou/20110930.html


Q:(家森委員)
三菱商事の海外財務拠点について。アジアの拠点が(東京ではなく)シンガポールなのはなぜか?
A:(三菱商事)
海外財務拠点の役割として、主に、①グループファイナンスや余剰資金の預かりを通じた域内での資金循環の効率化、②地域の営業子会社に対する財務関連コンサルティング・サービスの提供、の2つがある。
①についてはシンガポールのFTCライセンスに伴うTaxメリットも含めた恩典がある。
また、②についてはシンガポールからアジア各地へアクセスが容易なこと。

原文は、以下をご参照。

■資料1-4 WGメンバーによる書面での追加質問に対するヒアリング先からのご回答
http://www.fsa.go.jp/singi/singi_kinyu/w_group/siryou/20110930/04.pdf

少し前に、パナソニックが、調達・物流の両本部をシンガポールに移転する、という話もありました。企業は、着々と環境に適応している訳です。
未だに、グローバル化による空洞化が問題、なんて言ってる人がいますが、「空洞化」という言葉自体が、ドメステックな視点に立っています。企業にとり、国や国境なんて、制約条件という以上の意味はないのにね。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

スポンサーリンク

最近のトラックバック
最近のコメント
検索フォーム
ユーザータグ

仮想通貨 IFRS 簡単図解 

楽天トラベル
amazonからのお薦め

FC2カウンター
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
リンク
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
RSSフィード
プロフィール

xz400

Author:xz400
「生涯一コンサルタント」として、ダウンシフトしながら、人生晩年を迷走中です。

Firefox
Firefox ブラウザ無料ダウンロード