財務諸表の主たる利用者:債権者

先般、早大大学院教授の秋葉賢一先生のIFRSセミナーを聴講させて頂いた。
その中で、概念フレームワークにおける財務諸表の主たる利用者について、2010年改正版では、1989年公表版(従来)に比べ、むしろ範囲が狭くなった、との解説がありました。得意先、政府等、一般が除外されたイメージです。(但し、逆に拡大したという理解(説)もあるとの補足もあり)

そして、債権者、従業員等については、従来から主たる利用者に含まれていたとのこと。
先般書いた管理人のような認識(暴論?)も、あながち間違いではない(論点における複数説のひとつとしては有り得る)のだな、と少し安心しました(笑)


エッセンシャルIFRSエッセンシャルIFRS
(2011/05)
秋葉 賢一

商品詳細を見る
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

スポンサーリンク

最近のトラックバック
最近のコメント
検索フォーム
ユーザータグ

IFRS 簡単図解 

楽天トラベル
amazonからのお薦め

FC2カウンター
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
リンク
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
RSSフィード
プロフィール

xz400

Author:xz400
「生涯一コンサルタント」として、ダウンシフトしながら、人生晩年を迷走中です。

Firefox
Firefox ブラウザ無料ダウンロード