お薦め本「激動予測」(3)

「激動予測」に関する続き。気になったところの抜き書きです。

大統領のもてる最大の強みは、力を理解していることだ。大統領は哲学者ではないし、力の行使は、抽象芸術ではなく応用技術である。大統領が高潔であろうとすると、自らだけでなく国家をも苦境に置くことになる。戦時中であれば、力を理解するとはすなわち、罪の意識から戦争を引きのばしたり、感傷主義から敗北したりするよりも、敵を素早く徹底的に壊滅させた方が、かえって思いやりがあるということになる。(69p)


マキャベリを引用して、君主の徳は「善良」ではなく「狡猾」にあると。

アメリカは、異質で暴虐な価値観や政権を持つ国を遠ざけ、純粋に高潔な行動だけを行っていたのでは、うまくこの世界を渡っていけない。これから見ていくように、道徳的目標を果たすには、悪魔と手を組む覚悟が必要なのだ。(p70-71)


特に最後のところ、「悪魔と手を組む覚悟」が重要かと。国のトップに必要なのは、間違っても「友愛」などではない。国民を欺瞞する手段として言っているなら別で、それなりに立派ですが、本気で言ってるらしいのが困ります。


激動予測: 「影のCIA」が明かす近未来パワーバランス激動予測: 「影のCIA」が明かす近未来パワーバランス
(2011/06/23)
ジョージ・フリードマン、George Friedman 他

商品詳細を見る



100年予測―世界最強のインテリジェンス企業が示す未来覇権地図100年予測―世界最強のインテリジェンス企業が示す未来覇権地図
(2009/10/09)
ジョージ フリードマン、George Friedman 他

商品詳細を見る
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

スポンサーリンク

最近のトラックバック
最近のコメント
検索フォーム
ユーザータグ

IFRS 簡単図解 

楽天トラベル
amazonからのお薦め

FC2カウンター
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
リンク
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
RSSフィード
プロフィール

xz400

Author:xz400
「生涯一コンサルタント」として、ダウンシフトしながら、人生晩年を迷走中です。

Firefox
Firefox ブラウザ無料ダウンロード