FC2ブログ

「ニッポンの書評」豊由美(2)

(1日空いてしまいましたが)豊由美さんの新刊、「ニッポンの書評」光文社新書に関する続き。

■「ニッポンの書評」 豊由美 光文社 2011.4.20


前回の最後で、ビジネス本限定読者としてコメントしたいと書きましたが、論点は以下の3つです。
1.営業妨害
2.悪口書評
3.書評又は評価の能力

これらについて、順に、書いていきます。

まずは、営業妨害問題について。

ビジネス本(実務書、教科書、参考書、いわゆるビジネス書等を含む。以下同じです)は論文で、通常、ある目的のために必要性が生じているはずで、例えば本を1冊を買うことは決まっていることが多いかと。それが、書籍Aか、または書籍Bかという選択肢の問題。
そのため、少なくとも出版業界又は書店業界全体での売上は変わらず、営業妨害の問題は成り立たない(成り立ちにくい)のではないでしょうか。もちろん、限界的な場合にその1冊を買わない、ということも、あろうかとは思いますが、実用の上での良不良の世界かと。

それに対して、アートである小説は、奢侈的な物件で、生活に潤いを与える(?)かもしれないものの、所詮はプラスアルファの存在。また、好き嫌いの世界なので、営業妨害がより簡単に成立するかもしれません。豊さんが対象にしている書評は、こちらなのでしょう。
(続く)


ニッポンの書評 (光文社新書)ニッポンの書評 (光文社新書)
(2011/04/15)
豊崎 由美

商品詳細を見る
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

スポンサーリンク

最近のトラックバック
最近のコメント
検索フォーム
ユーザータグ

仮想通貨 IFRS 簡単図解 

楽天トラベル
Amazonからのお薦め
FC2カウンター
カレンダー
06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
リンク
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
RSSフィード
プロフィール

xz400

Author:xz400
「生涯一コンサルタント」として、ダウンシフトしながら、人生晩年を迷走中です。