いずれか高い方のテスト

いずれか高い方のテスト(Higher Of Test)とは、期間比例配分された信用損失金額と予見可能な将来の期間に発生すると予想する信用損失金額(フロア)とを比較して、より高い方を減損として引当計上するものです。
IFRSの補足文書「金融商品:減損」で新たに提案された折衷的な方法ですが、期間比例配分法の欠点を補う意味合いがあるのかと。
訳語はASBJのものですが、ちょっと、いまひとつの感がありますなぁ。(失礼!)

【関連サイト】
■IASBとFASBが減損会計に関する共通の解決策を提案
(2011.1.31、IASB原文へのリンクと日本語訳PDFあり)
https://www.asb.or.jp/asb/asb_j/iasb/press/20110131.jsp
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

スポンサーリンク

最近のトラックバック
最近のコメント
検索フォーム
ユーザータグ

仮想通貨 IFRS 簡単図解 

楽天トラベル
amazonからのお薦め

FC2カウンター
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
リンク
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
RSSフィード
プロフィール

xz400

Author:xz400
「生涯一コンサルタント」として、ダウンシフトしながら、人生晩年を迷走中です。

Firefox
Firefox ブラウザ無料ダウンロード