統合実効金利アプローチ

統合実効金利アプローチ(Integrated Effective InterestRrate Approach)とは、IFRSの償却原価を適用する金融資産に関する予想信用損失の配分方法のひとつで、利息計算と予想損失の配分を分離(デカップリング)せず、統合された実効金利によりおこなうもの。

公開草案「償却原価と減損」で、提案されていたアプローチです。この方法は、なかなか実際の適用が難しいため、その後出された、補足文書「減損」では、デカップリングし期間比例配分アプローチが提案された、という経緯になります。

【関連サイト】
■ IASB、金融資産の減損についての提案を公表(2009.11.5)
https://www.asb.or.jp/asb/asb_j/iasb/ed/comments20091105.jsp
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

スポンサーリンク

最近のトラックバック
最近のコメント
検索フォーム
ユーザータグ

IFRS 簡単図解 

楽天トラベル
amazonからのお薦め

FC2カウンター
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
リンク
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
RSSフィード
プロフィール

xz400

Author:xz400
「生涯一コンサルタント」として、ダウンシフトしながら、人生晩年を迷走中です。

Firefox
Firefox ブラウザ無料ダウンロード