キャッシュ・コンバージョン・サイクル(CCC)

日本総研さんの「Business & Economic Review 2011年4月号」記事の要約より。

■キャッシュ・コンバージョン・サイクル(CCC) キャッシュフロー稼得のための新しい経営指標(2011.3.25)
http://www.jri.co.jp/report/ber/detail/5425/


キャッシュ・コンバージョン・サイクル(CCC)とは、「企業が自力で運転資金を調達しなければならない日数」のこと。

Culture Convenience Club(カルチュア・コンビニエンス・クラブ)でも、China Compulsory Certification(中国製品安全強制認証制度)の略称でもない。

CCC(日)=在庫回転日数+売掛債権回転日数-買掛債務回転日数


「運転資金管理の巧拙を測定し、企業のキャッシュフロー創出力を簡便に表す経営指標として、近年、注目されている」そうです。在庫の概念を加えて、仕入→在庫→販売→回収まで回転率の差異比較を簡易にやる、ということでしょうか。
なお、日本では(少なくなっているとはいえ)手形取引があるので、受取手形、支払手形の加味と、裏書手形、割引手形の調整が必要かもしれません。電子手形も出てきてますしね。

また、この比率の名称を「キャッシュ・ギャップ」とした記載もありました(その場合「在庫+売掛」の部分をCCCと)。ご留意のほどを。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

スポンサーリンク

最近のトラックバック
最近のコメント
検索フォーム
ユーザータグ

仮想通貨 IFRS 簡単図解 

楽天トラベル
amazonからのお薦め

FC2カウンター
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
リンク
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
RSSフィード
プロフィール

xz400

Author:xz400
「生涯一コンサルタント」として、ダウンシフトしながら、人生晩年を迷走中です。

Firefox
Firefox ブラウザ無料ダウンロード