日本板硝子がIFRSによる試算を公表

日本板硝子が、2011年3月期決算について、IFRSによる試算(業績予想)を公表しています。

■国際会計基準(IFRS)適用準備について(2011.2.25)
http://www.nsg.co.jp/press/2011/0225.html


日本板硝子は、2012年3月期から、IFRSを任意適用する予定です。

説明資料では、主要科目ごとに、日本基準(J GAAP)とIFRSの金額の比較(差異)とその理由を開設しています。判りやすい。
例えば、今期、日本基準では、のれん償却費、ピルキントン・ブランド償却費(ピルキントン買収に伴う無形資産の償却費)が8,420百万円計上されますが、IFRSでは計上不要。これは、当期の利益を大幅に押し上げることになります。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

スポンサーリンク

最近のトラックバック
最近のコメント
検索フォーム
ユーザータグ

仮想通貨 IFRS 簡単図解 

楽天トラベル
amazonからのお薦め

FC2カウンター
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
リンク
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
RSSフィード
プロフィール

xz400

Author:xz400
「生涯一コンサルタント」として、ダウンシフトしながら、人生晩年を迷走中です。

Firefox
Firefox ブラウザ無料ダウンロード