生保協会長も改定IFRSに反対

生保業界も、改定されるIFRSに反対のようです。
2010.12.18付けの日本経済新聞より。

■新会計基準に生保協会長懸念(2010.12.18)


今週は、IFRSの新聞ネタが豊富な一週間でした。しかも、業界団体(=既得権者&作成者)関係者が多く、判りやすい構図(笑)

生命保険協会の会長が、

保険会社に適用する見通しの新たな会計基準について、「一般の契約者などが理解しにくくなる」と懸念を示した。


(同記事より引用)


とのこと。

ここで新たな会計基準とは、公開草案「保険契約」のことだと思います。確かに、おせじにも判りやすいとは言えない(管理人は、読むこと自体を断念…orz)

「一般の契約者~」のところは、笑うところ。
一体、どの口が言うのか。少なくとも、お前らが言うな、という感じです。今年、保険の切り替え(更改?)があったのですが、「一般の契約者」は、何度、保険会社から説明を受けても、まったく理解できませんでした。たぶん、管理人の頭が悪いせいなんでしょう。

で、そもそも、生保って、株式会社化した第一生命や一部の中小を除き、ほとんどが相互会社なので、少なくとも上場会社&連結ベースの指定国際会計基準の適用に関しては、対象外だと思うんですが。
コンバージェンスを心配しているんでしょうかね?それとも海外での資金調達では、IFRSベースの開示が必要ということなのか。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

スポンサーリンク

最近のトラックバック
最近のコメント
検索フォーム
ユーザータグ

仮想通貨 IFRS 簡単図解 

楽天トラベル
amazonからのお薦め

FC2カウンター
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
リンク
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
RSSフィード
プロフィール

xz400

Author:xz400
「生涯一コンサルタント」として、ダウンシフトしながら、人生晩年を迷走中です。

Firefox
Firefox ブラウザ無料ダウンロード