FC2ブログ

講演における時間配分(上)

今週、あるセミナーを聴講しましたが、そこで、時間配分の大失敗を目の当たりにしました。他人事ではないなと思い、他山の石として、メモを上げておきます。

講師は、その分野のプロで情報量は十分な方。話法も悪くない(少し声がガラでしたが)。
ただ、開始後10分ほど過ぎたところで「アレっ?全然進んでないな。」と気付き、内容よりも進行状況の方が気になり始める。持ち時間の1/4を消化したところで、まだ5ページ。結局、一部内容を大幅に端折った上、10分以上延長して、終わりました。

原因を探ってみると、以下の2つかと。

1.もともと、資料のボリュームが多すぎた。

2.章の最初に「まとめ」的なページを置いた構成にしてあり、そこでの説明に時間を使ってしまった。

資料は数十ページあり、講演時間をページ数で除した1ページ当たりの所要時間は1分強(講演時間/ベージ数=1分強)。講演内容や業界にもよると思いますが、これはあきらかに多過ぎです。(広告代理店や企画屋さんのプレゼンは違うと思いますが)管理人も資料を詰め込み過ぎる嫌いがあるので、自重。

章の冒頭に「まとめ」を置く、資料の構成の問題は大きかったですね。「この部分は後ほど詳しく~」と何度も口にされていたので、最初に「まとめ」で振っておいて、後で詳細を話す予定だったのかもしれませんが、結果的には二重に話をすることになってました。管理人は資料が二重化するのが嫌なので、「まとめ」的なページを原則として作りませんが、置く場合には、後の方(章の最後)がよろしいかと。ポイントの確認と時間調整に使えます。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

スポンサーリンク

最近のトラックバック
最近のコメント
検索フォーム
ユーザータグ

仮想通貨 IFRS 簡単図解 

楽天トラベル
Amazonからのお薦め
FC2カウンター
カレンダー
06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
リンク
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
RSSフィード
プロフィール

xz400

Author:xz400
「生涯一コンサルタント」として、ダウンシフトしながら、人生晩年を迷走中です。