FC2ブログ

内部監査

昨年末の日本経済新聞で監査に関する記事が上・下2回に分けて掲載されました。
興味深かったのは、下で内部監査を取り上げていたところ。
■不祥事防止のとりで 監査制度の実効性に課題
揺れる監査(上)(2019.12.19)
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO53526060Y9A211C1920M00/

■目立たぬ内部監査、海外では幹部の登竜門 リスクの芽を摘む
揺れる監査(下)(2019.12.20)
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO53539390Z11C19A2920M00/
監査は大別して外部監査(監査人監査)、監査役監査等、内部監査と3つありますが、内部監査が注目されることは余りありません。
記事では、帝人、JT、キャノンの先進事例が取り上げられています。

内部監査部門の名称は、企業によって監査部、内部監査部、経営監査部、検査部等と様々ですが、基本的に業務監査であり業務レベルでの不正や不適切な業務が対象です。
経営レベルの問題に対して内部監査が機能するとは思いません。


スポンサーサイト



スポンサーリンク

最近のトラックバック
最近のコメント
検索フォーム
ユーザータグ

仮想通貨 IFRS 簡単図解 

楽天トラベル
Amazonからのお薦め
FC2カウンター
カレンダー
12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
リンク
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
RSSフィード
プロフィール

xz400

Author:xz400
「生涯一コンサルタント」として、ダウンシフトしながら、人生晩年を迷走中です。