FC2ブログ

日経 会計の未来 国際会計基準10年(下)のれんの定期償却

昨年末の日本経済新聞の「会計の未来 国際会計基準10年」という記事に関するエントリの続き。

■熱帯びる「のれん定期償却」 (会計の未来) 国際会計基準10年(下)(2019.12.14)
https://www.nikkei.com/article/DGKKZO53326710T11C19A2DTA000/


下での論点は、のれんの定期償却について。

日本基準と異なり、IFRSと米国基準はのれんを定期償却せず、結果としてのれんが大きく膨れ上がっていることへの懸念が背景にあります。
記事は、FASBは定期償却に踏み切るのでは、という憶測を伝え、IASBも同様になるのではないか、という論調。
個人的には、定期償却には反対で、減損プロセスをしっかり機能させればよいだけでは、と思いました。何のための監査でしょうか。


スポンサーサイト



スポンサーリンク

最近のトラックバック
最近のコメント
検索フォーム
ユーザータグ

仮想通貨 IFRS 簡単図解 

楽天トラベル
Amazonからのお薦め
FC2カウンター
カレンダー
12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
リンク
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
RSSフィード
プロフィール

xz400

Author:xz400
「生涯一コンサルタント」として、ダウンシフトしながら、人生晩年を迷走中です。