FC2ブログ

座礁資産

座礁資産(Stranded Assets)とは、市場や政策など経営環境に大きな変化が生じることにより価値が大きく低下する可能性のある資産のこと。

個人的には、使ったことのない用語です。
Strandedの原意は、(船が)座礁する、立ち往生する。
英国の独立系シンクタンク「カーボン・トラッカー(Carbon Tracker Initiative)」が使い始めたと。

座礁資産の代表例は、CO2排出量規制にさらされる石油、石炭、天然ガスなどの化石燃料やその採掘権、鉱区、設備等です。電力自由化の影響による発電設備なども。

化石燃料については環境関連のリスクですが、電力だと政策リスクで、広義には事業リスクということですかね。

[参考]
■日興フィナンシャル・インテリジェンス:SSEE 座礁資産の実例と中国経済への影響
をまとめたレポートを発表(2014.11)
https://www.nikko-research.co.jp/wp-content/uploads/2014/11/1372.pdf
スポンサーサイト



スポンサーリンク

最近のトラックバック
最近のコメント
検索フォーム
ユーザータグ

仮想通貨 IFRS 簡単図解 

楽天トラベル
Amazonからのお薦め
FC2カウンター
カレンダー
12 | 2019/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
リンク
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
RSSフィード
プロフィール

xz400

Author:xz400
「生涯一コンサルタント」として、ダウンシフトしながら、人生晩年を迷走中です。